ニコンカレッジ 「表現力アップ」講座 2回目

前回の講義で、20枚をプリントして持参するようにとのことで、何を選ぶか決めかねて、実際プリントは2、3日前から始めた。結局、2、3年前に選んだ写真の中からプリントした。

今回この講座を受講した最も大きな理由として、自分の写真とは何かを知りたかったからである。他の人が私の写真を見てどう感じているかを知りたかった。

表面的には、

トーンが薄い。
暗め。
対照的。
被写体が下を向いている写真が多い。
。。。

今回はいろんなジャンルの写真を持って行ったためか、あまり評価は良くないようだ。
いわゆる、写真展などのような1つのテーマに沿った写真を持参すれば評価は良いようだが。

次回3回目は、銀座周辺で撮影実習とのこと。4回目、5回目以降は撮影実習の写真をベースに進めるようだ。


今回学んだことは、

  • 全て良い写真である必要はない。(すべて良い写真にすることは大変、もったいない)
  • あるテーマに沿った写真でまとめた方が良い(前回の話だと、テーマに特にこだわらなくても良かったと聞いたが。。?)

持参した写真はこんな感じ。いずれもコンテストなどで入った写真も含まれているけども、見せ方がまずかったこともあり(上記参照)、評価は良くなかった。

マシュマロ 2回連続撮影中止(がっかり・・・)

よくロリータの撮影をしている、モデルを撮ってみたくなったので、マシュマロに申し込んだ。

1回目は 5月12日の 都電荒川線沿いバラとともに撮影予定だったが、そろそろ家を出ようかなと思った時に、マシュマロスタッフから連絡があり、中止。(後日、体調不良だったとのこと)

2回目は 5月21日の 立川昭和記念公園。これも前回と同じようなパターンで中止。

どうもこのモデルさんとは合いそうもない。なんとも気が重い話です。

振り込んだ料金は払い戻ししてくれたのだろうか?

ニコンカレッジ「表現力アップ」講座 評価の良かった写真

良い写真はなかなか撮れない。だから良い写真になるのかも。

チャンスを逃さない眼(感性)を鍛える(?)必要はある。あとそれを表現するための技術。

上記3枚は組にすると良い。今まで何回かそう言われている。が、こういう景色に出会うのが大変。そう多くはない。これらの写真は露出を変えると、つまらない写真になってしまう。

これらの写真もそうだけど、そう簡単に撮れない(出会えない)。

シュウちゃん@葛西臨海公園

今回は、おなじみの葛西臨海公園。撮り方としては、引きも含めて、なんか散歩している様な雰囲気で撮れれば良いかなと思った。当初は夕方の撮影枠を考えていたが、埋まってしまったので朝の9時からの部とした。

シュウちゃんは良く動いてくれるし、カメラマンの希望は言わなくても感じ取ってくれている様で、撮りやすい(撮らされやすい)モデルですかね。。。?

アイナナ コスプレ撮影 レタッチ

撮影前の希望イメージで、こんな感じの写真を撮りたいとのことでいろいろ考えた結果、素直に単色のバックライトを全体的に当て、後で輪郭をレタッチすることに決めていた。

希望イメージ

できた写真はこんな感じ、若干右端の人物の輪郭が足らない。

オリジナル

フォトショップでハイライトの範囲を選択し、グループのマスクに適用。人物ごとに色調調整レイヤーで色味を調整。あと暗かった右端の人物はブラシでレタッチして明るさを追加。

レタッチ後

今回は、ちょっと難しいレタッチでした。前面はもっと色をつけて明るい方が良かったのかな?
でも一応OKの返事はもらったので、これで終了とします。

ニコンカレッジ 「表現力アップ」講座 1回目

5回にわたる講座の1日目は講義。メモした内容はこんな感じ。
第2回目は21日。今まで撮影した写真を20枚プリントして持ってくるようにとのこと。

。。。何を選ぶか??(なんでも良いような話ではあったが)

1日目:座学
2日目:今までの作品
3日目:実習
4日目:お互いの講評(ここ重要)
5日目:最終的な作品群を作る
ーーーーー
つまらない写真とは?

受け売り。似た写真
加工し過ぎ。あとでどうにか。。。
世界観がない。テーマ? こだわり。
ーー>組めない。

ーーーーー
テーマを見つける
まずは、興味のあるものを撮る。
キーワードとともに振り分ける(ここ重要)ーー>テーマのヒント
プリントして俯瞰してみる。何度も並べ直す。(ここ重要)ーー>好みの色、形が見える。
不足分を撮影。


ーー>自分らしいテーマを見つける。

ーーーーー
色  。。。浅草ラプソディー
想い 。。。9。11ニューヨーク
物 。。。東京の動物。時代に流される動物
美人。。。東京美人系。変化の途中<ーー今しか撮れない
瞬間 。。。せつな東京

プラスアルファ
ーーーーーー
テクニック
絞り
シャッタースピード
バリエーション、縦横、引き寄り、前景。ピント位置。
観察と予測(シャッターチャンス)
光と陰
背景のコントロール。下から、上から。
デザインして切り取る。
都会の反射
街の個性
引きが撮りにくくなる。間。
モノクロの表現。加工に頼ってはダメ。

次回(5/21)は2Lで20枚(なんでも良い??)。