不合格

電気工事士2種の合否の発表があった。
なんと 不合格。自信はあったので、なぜどこで不合格になったのか納得いかない。

再度受けるつもりだけども、このままでは同じことの繰り返し?
かもしれないので、数万円出して講習会に参加するつもり。
基本的にどこか間違っている???

水海道花火大会

昨日の取手に続き、水海道の花火大会に出かけた。今年は3回目。
地元でもあるので車で出かけようと思ったが、駐車場も混んでて路上駐車も多かった。電車で出かけたのは正解か?

この辺りは土手の整備中とのことで、土手は立ち入り禁止。会場は細かく区切られていて、有料、協賛者、。。。など工事現場で目にする柵で区切られていた。あまりに、資金集めが目に付いたのと、立ち入り禁止多く人も多かったので、帰ろうかと思ったりした。

当日受付の1500円の有料エリアがあったので、仕方なくそこで撮影することにした。

開始時刻になると、協賛者などの名前を延々と20、30分くらい読み上げていた。

撮影場所としては有料なだけあって、空いていることもあり撮りやすかった。

今日のベストショットはこれかな。。。

取手花火大会

今年は2回目の花火撮影。今回は会場の表側の取手駅から会場に向かった。最寄りの駅のため、会場までの歩道は大変混雑していた。土手はこんな感じ。

打ち上げ場所が近いこともあり、迫力は満点。

ちょうど満月。花火で周囲が明るくなった時の一枚。

最後はおまけ。意図したわけではなく、シャッターが開いている時にカメラを移動してしまったため、こんな画像になった。
こういう意図しない写真って面白いです。

NC 秘密の夜景撮影スポットへ!講評会

夜景撮影講評会は以下の3枚を持参した。

全体的には加工の手抜きを指摘された。うーん、、見るところが細かい。というか、今までの講評会がややアバウトだったというというところもある。


一枚目に関しては、こんな感じのトリミングが良いのではないかとの感想だった。確かに入れすぎという気もする。

以下の不自然は焼き込みも指摘された。ビルの上部がやや暗く下に向かってグラデュエーションがかかっている。その下の川面の明るさも明るくて不自然。


2枚目に関しては、色味は良い。ただし以下の川面下側のコピペが雑。時間があったこともあり、細かいところ(手抜き)を指摘された。

また、撮影時にこういう色味にしようと考えていたか?と質問された。というのは、そういうイメージがあれば、さらに違う写真が撮れるからということらしい。


三枚目は、両側にビルは不要。右の建物はいらないのでトリミングはこんな感じ。

橋の輪郭がわからない。

そして、何を表現したいのかという質問までされてしまった。

今までの、甘めの講評会に慣れてしまったため、割と軽い気持ちでレタッチ、プリントしてしまった。でも、きつめの評価だと、楽しむというよりも、何かの試験を受けているような気持ちになってしまう。

今回の講評会は甘めの評価で、満足してしまうよりは良いことであろう。

フレッシュ浴衣撮影@清水公園

久しぶりに 清水公園でモデル撮影に出かけた。大撮なので、基本的に主体性のない撮り方になる。

いつものように、ポーズ、その他指示はスタッフにお願いすることになっている。それと他のカメラマンは望遠系やズームが多いためか、私が前に出すぎるとか注意されることが毎回一度くらいはある。

個撮が理想だろうけど、収入が減ってきたこともあり、モデル料金が最近高く思えてきた。

松戸花火大会

急遽花火撮影に出かけた。花火撮影って、確か30年以上前の隅田川以来だな。

松戸で開催されたが、松戸駅は入場規制があるとのことで、南流山からバスで出かけてきた。撮影場所も人混みの少なく、川面に反射する花火ばの光を期待して対岸から撮影しようと考えていた。

バスは一時間に2本くらい。終バスは8時台。これを逃すと松戸駅まで歩かなければならない。

こんな感じで広々。

撮影準備完了。こんなに空いているのは、もしかしてこの場所は当たりだったのか?会場近くだと、もしかして三脚も立てられなかったりするかも。見物人が入りカメラを水面に向けるなんてことはできないかも。

しかし、三脚を設置して、辺りも暗くなってきた頃、花火が上がり始めたが、残念なことに発射場所は手前の樹木に隠れてしまっていた(隠れているのが良かったり???)。レンズも単焦点2本だけだったので、もう少し望遠が欲しかった。まあ久しぶりの初めての場所での撮影でいろいろ反省点はありました。

来週は近場で花火大会があるが、台風で天気が怪しげだけれども、開催されれば出かけるつもり。