ニコンカレッジ 講義、講評時によく言われること

垂直、水平に気をつけること。

モデルを上、または下から撮ると歪むので、垂直に気をつけること。

人物撮影では手脚を中途半端に切らない。手首、足首辺りで切らない。きる場合、太ももあたり。
→意識しないと手首、足首あたりで切ってしまうことが多い。

無駄な空間が多いのはダメ。

黄金分割。黄金比率の話もたまに出る。
→縦構図、横構図、寄り、引き いろいろ撮ることは必要。

講評時に枚数が多いのは困る。枚数が多いのは敬遠される。
→個人的には2枚から4枚程度では少なすぎだと思うんだけど。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中