NC 今日から撮れる!水族館撮影テクニック

ニコンカレッジの水族館撮影の講習と実習に出かけてきた。マクセルアクアパーク品川というところ。

60ミリマイクロレンズがオススメのようで、古いDレンズを引っ張り出した。一応AFだけれどもZ7に付けた場合はマニュアルになってしまう。もともとマイクロはマニュアルかなと思っていたが、いざ撮影してみると、動体にピントを合わせるのは至難の技?

マイクロ撮影は絞り開放で撮るのがオススメらしいので、なおさらピントが合わない。今年の夏はマイクロ撮影に集中してみるつもりでいるが、このレンズで済ます(金銭的なこともあり)つもり。なんだかんだ800枚撮影したけども、どうにか観れる写真は数パーセントだった。

まずは、イルカショー。

今回参加の目的の一つである、クラゲ。

1時間くらいマイクロレンズのピント合わせで苦労していると、良く言われるようなコツがつかめるようになってきた。体を前後に動かしながらピントの山が見えてきた。当初ピーキングのピント表示を期待したが、暗いと表示できないようだった。以下はマイクロ マニュアルで撮影した写真。

近いうち、再度チャレンジしてみるつもり。

最後は水中写真みたいな写真。構図もまあまあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中